NISAで投資信託を始めよう

投資の利益を非課税で利用できるNISAが来年の1月から始まります。NISAは投資や資産を持つこと、さらには資産を運用して増やすことで経済を回すことに興味を持って欲しいという国の願いがあるそうです。この非課税制度NISAで、積み立て投資を始める人も多いそうです。


○積立投資ってなに?○

積立投資とは、投資信託とも呼ばれているもので、毎月決まった金額分の株を購入することをいいます。メリットとして、買う時期をずらすことで株価の暴落や値上がりに大きな影響を受けないことなどが挙げられています。年金を受け取れる年齢が上がったこと、年金がもらえるのかどうかという不安も多い中、老後の資金を積立投資で蓄えることを考えている人も多いそうです。NISAでは投資の上限は100万円と決まっていますが、その儲けの上限はありません。貯蓄と同時に、注目を浴びている新しい資産のつくり方だと言われています。


○自動的に買えるので続けやすい○

積立投資では毎月、購入する金額を設定しておけば、自動的に株を購入することができます。そのため、毎月パソコンなどを立ち上げて購入するという手間を省くことができます。また急激に株価が下がってしまうと、上がるという保証がないことから、株を買いづらくなります。投資信託であれば自動的に買うことができるので利益を上げやすいと言われています。

NISAで投資するなら株主優待もチェック

2014年から投資の利益が非課税で運用できるNISAが開始されます。NISAをきっかけに投資を始めようと考えている人も多いそうです。初めて行うことはわからないことも多くあるものですね。銘柄などで悩んでいる人もいるのではないでしょうか?


○悩んだら株主優待をチェック○

株の銘柄を決めてから、金融機関を選ぶほうがいい、金融機関は慎重に選ぶなどと言われていることから、投資する株に悩んでいる人も多いようです。そこで悩んだときにおすすめしたいのが、投資する株の株主優待です。株を一定数、所有している人への優待券で、テーマパークなどでは招待券をもらうことができたり、スーパーなどで割引を受けたりすることのできるものもあります。レコード会社の中には、株主限定のCDをもらうことができるという会社もあるそうです。


○よく利用する場所の株をチェック○

自分が普段利用する会社の株をチェックしてみましょう。スーパーなどは株の保有数に応じて、買い物が割引になるオーナーズカードなどをもらうことができる会社が多くあります。また外食チェーン店では数千円の飲食チケットを送ってもらうことができるので、外食が多い場合は、外食費の節約にもつながります。せっかく自分のお金をかけて投資をするのであれば、受けることのできるサービスは多いほうがいいですよね。